<   2007年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

8/29 今日の山田美容室

前日に突然の雷雨に見舞われ、外装作業は一旦中止。
今日は空のご機嫌をうかがいながらの作業となりました。
蚊に刺されながら、道行く人には「あ、ペンキ屋さんだ」と言われながら、
「違うよ、美容師さんだよ」と心で反論しつつ、
山田さんの頑張りで本塗り完了!!キレイに塗れました!!
a0104860_16405855.jpg

確かに美容師さんが持っている道具じゃないですね(笑)
a0104860_16413156.jpg

そして今日はカットの時などにお客さんが腰掛ける大事な椅子も到着。
まだ内部が落ち着いていないため、梱包は解けません。
それにしても大きい‥‥。
a0104860_1642595.jpg

ここでも紹介したご近所の喫茶店『MARGO』のマスターには
「開店した時には疲れ切ってるんじゃないの?」
と言われた山田さん。
明日には看板部分をストライプに塗り、大事な文字を貼付ける作業が待っています。
正念場です。頑張れ!!!
[PR]
by yamada_biyou | 2007-08-29 16:53 | ◎内装作業

8/28 今日の山田美容室

いよいよ外壁(お店の顔)の塗装を開始します。
まずは下地にグレーを。
a0104860_21233448.jpg

受付カウンターの天板もタイル加工する事に決定して、
山田さんは一日その作業に追われました。
連日泊まり込みが続いています。追い込みです。

明日には椅子が届く予定。
床のシートがいよいよ剥がされるでしょうか。
[PR]
by yamada_biyou | 2007-08-28 21:24 | ◎内装作業

8/27 今日の山田美容室

やっとブログが現状に追いつきました。
8月もあと残りわずか、オープン予定の日取りがどんどん迫って来ます。
そんな訳で、今日の山田美容室は塗装の修正や、細部に取りかかりました。

まずは一段高くなっているバックルーム床の側面に、
同じフローリング材を貼付けていきます。
最初はこんな感じだったものが、
a0104860_085264.jpg

一枚一枚貼付けられ(あ、ビニールシートの下から隠れていた床が見えます。いい感じです)
a0104860_094278.jpg

こんな風に仕上がりました。色も揃えてキレイです。
a0104860_010525.jpg


さらに先日塗り替えた窓枠同様、トイレのドアやバックルームの棚も塗り替える事に。
こちらが塗り替え前。鮮やかな青でしたが、少しうるさいという事で
a0104860_0163143.jpg

少しトーンを落としたブルーグレーに変更。
a0104860_0164625.jpg

同じくバックルームの棚も
a0104860_0201830.jpg

こうなりました。
a0104860_0204343.jpg

こんな風に納得がいくまで色を吟味。
これから長い時間を共にするお店なので、妥協は出来ません。
もうすぐカットスペースのイスも届くので、それまでにやらねばならない事が山積です。
果たして間に合うか?
[PR]
by yamada_biyou | 2007-08-28 00:26 | ◎内装作業

内装の他にもちょこちょこと(2)

内装作業が進むにつれて、
作業はディティールやインテリアに移行してきました。
これは写真奥にある縦長に穴の空いているスペースにはめ込む棚板です。
a0104860_16575723.jpg

ちょうど良い風合いが出るまで、
オイルステインを何度も何度も重ね塗りしました。

こちらは受付や清算をしたり、パソコンや、電話を置いたりするカウンター用の板です。
まず地色のマットな金色を塗りました。
a0104860_1711588.jpg

さらにその上にオフホワイトを重ね塗りします。
a0104860_1735162.jpg

乾いたら紙ヤスリでヤスッて、所々地色を覗かせます。
そうする事で少し古びた風合いに変わります。
a0104860_175514.jpg

そして組み立てです。結構力仕事。
a0104860_1764063.jpg

天板部分(まだ素材を吟味中)を残して完成しました。
a0104860_177491.jpg

設置予定の場所に置いてみちゃったり。(天板は仮)
a0104860_1772754.jpg

[PR]
by yamada_biyou | 2007-08-26 08:33 | ◎内装作業

カラーの変更

この駆け足リポートも、そろそろ8/26現在の山田美容室に追いつく勢いです。

友人のデザイナー氏と相談した結果、ようやく決定したお店の外観に合わせて、
内部のカラーリングを一部(入り口と、シャンプー台上の窓枠)変更する事になりました。
ちょっとした色使い一つで印象も大きく違ってしまうので、慎重に色選びをした結果、
塗り替え前は青だった窓枠が
a0104860_17254946.jpg

茶色に変わりました。
a0104860_17282234.jpg

暖色同士のせいか、タイルの黄色や天井の梁とも相性が良いみたいです。
少し落ち着いた雰囲気に変わりました。
同じく入り口の枠も塗り替えて終了。
a0104860_17284814.jpg

[PR]
by yamada_biyou | 2007-08-26 01:57 | ◎内装作業

外観のカラーとロゴ

内装作業を見学に来てくれた友人デザイナー氏と相談し、
色々と検討した結果、お店の「顔」であるお店のロゴと外観のカラーが
ようやく決まりました。
これがイメージ画像です。
a0104860_1711883.jpg

女性ばかりの作業で、可愛らしい雰囲気に傾きつつある事を懸念して来ましたが、
「女性客ばかりではなく、男性客にも来て欲しい」という山田さんの当初からのイメージに
近いカラーリングになったのではないでしょうか。
爽やかで、ちょっとユーモアがあり、けれど落ち着ける雰囲気です。
あとはこれをいかに再現するか。それは素人業者にかかっているのです。
ちょっと尻込みしてしまいますが何とか頑張りましょう。
[PR]
by yamada_biyou | 2007-08-25 01:47 | ◎内装作業

電気屋さん登場

内装作業と平行して電気工事が入りました。
美容室にとって重要な照明も取り付けられます。
そして私が作業に参加して約20日、ついに夢にまで見たエアコン導入の日が来たのです!
す、涼し〜〜〜〜〜〜〜!!!
a0104860_17131659.jpg

この猛暑に、閉め切った室内での作業は大変でした。
冷蔵庫に続き、文明(大げさ)が次々と山田美容室に導入されます。

「ピンスポットはこのくらいでいいですか?」頼もしい電気屋さんです。
a0104860_1715384.jpg

コードがむき出しだった部分が
a0104860_1717519.jpg

こうなる訳ですね。
a0104860_17202160.jpg

ダウンライトや、
a0104860_1723473.jpg

ピンスポットも取り付けられました。
a0104860_17233325.jpg

結局二日がかりで電気工事は終了。
大工さん、水道屋さん、電気屋さんの仕事ぶりを身近で見る事が出来るというのも、
一からお店を作る事の醍醐味かもしれません。
皆さん、本当にお疲れさまでした。
[PR]
by yamada_biyou | 2007-08-24 14:02 | ◎内装作業

内装の他にもちょこちょこと

カットスペースに使う大きな鏡が届きました。
小さな山田美容室はカットスペースは2つのみ、なので鏡も2枚。
けれどさすが「われもの」。超厳重梱包の大きな段ボールです。
a0104860_127375.jpg


前身のカフェ時代の置き土産だったグレーの2ドア冷蔵庫は、
まだ新しいものだったので再利用させてもらいます。
バックルームからちょっとだけ見えるので、色を塗り替える事に。
こちらが重々しい塗り替え前。
a0104860_17331882.jpg

そして塗り替え後。10歳は若返りましたね。
a0104860_0463492.jpg

この後、ついに冷蔵庫が稼働する事となり、買って来ても一瞬で常温になってしまう
飲み物達とオサラバ、いつでも冷たいモノを飲めるという有り難さを痛感。

冷蔵庫が設置されるバックルームは、直接お客さんが入る事はないものの、
扉で全て仕切られてしまう構造ではないため手は抜けません。
床はトイレ前同様、知人から頂いたフローリング材を敷き詰めました。
a0104860_0482468.jpg

バックルームで使うちょっとした収納棚も作りました。山田さんは大工仕事も得意なのです。
a0104860_17473922.jpg

これをトイレや窓枠塗装に使った青でペイントして設置。
a0104860_1215613.jpg

この部分はお客さんからは見えないのがちょっと残念なくらい素敵に仕上がりました。

上に書いた様にトイレのドアや窓枠は青に塗装していました。
トイレのドアはこんな感じで
a0104860_17405134.jpg

シャンプー台上の窓はこんな感じ。
a0104860_17412684.jpg

なかなか良い感じなのですが、この後決定する事となる外観のカラーに合わせて
一部塗り直す事になりました。
内装作業とは二転三転、試行錯誤の繰り返しなのであります。
[PR]
by yamada_biyou | 2007-08-24 12:23 | ◎内装作業

水回りのタイル張り

天井と壁が一段落した所で、業者さんによる床張り作業がありました。
当初の計画では板張りにするつもりだったのですが、
いかんせん床の土台が微妙にガタついており、
板を張るためには、コンクリートで完全にフラットにしなければならないらしく、
当然そのためには大幅な時間と予算のオーバーとなってしまいます。
そこでここでも方向&発想転換。(内装作業にはコレ本当に大事)
バックルームとトイレ前の狭いスペース以外のメインの床は既存のシートを使用する事に。
これならば多少のレベルの差はフォロー出来るし、防水、メンテの面でも
安心です。
(肝心の床張り写真がありませんでした。
 現在はビニールシートでコーティングされているので完成までのお楽しみです)

さて床が一段落し、シャンプー台や洗面所、バックルームの流しなどの水道工事が終わるや、
周囲の加工作業です。
防水も出来て、見栄えも良いという事でタイルを張る事になりました。
普通、タイルはシート状になっていて、広範囲を一気に張る事も可能ですが、
水道管を避けなくてはならないため、あえて一つ一つを手作業で張る道を選択。
黒い専用ボンドを塗った上にペタペタと。実に細かい作業です。

バックルームの流し台。まだ目地が黒いのでちょっと色合いが不気味です。
a0104860_19414522.jpg

トイレの扉前にある洗面台。床は知人から頂いたフローリング材をリサイクルしました。
a0104860_19434183.jpg


このボンドの乾燥に一日かかり、翌日はマスキングをして目地埋め作業です。
こちらはシャンプー台周り。
a0104860_19502743.jpg

バックルームの流し台。
a0104860_1948849.jpg

目地材が乾燥したら、表面にはみ出した不要な部分をスポンジで拭き取っていきます。
a0104860_19483791.jpg


そして完成したシャンプー台周り。あとは革張りのイスの到着を待つのみ。
a0104860_11133399.jpg

目地が白くなっただけで、印象が随分と爽やかになるもんですね。

a0104860_19531312.jpg

[PR]
by yamada_biyou | 2007-08-24 11:33 | ◎内装作業

左官作業スタート

大工さん作業により、大きな箱となった店内を加工して行きます。
内装作業に詳しいお友達の指示通り、
まずは天井と壁に張られたパネルの継ぎ目を網状になったテープで覆ったり、
ネジをパテで埋めたり、塗装後に灰汁(!)が浮き出て来ない様に
ベニヤ部分には下地剤を塗ったり、という地味な行程を踏んでから、
いよいよ素人左官作業のスタートとなりました。
まずは天井から。
a0104860_195452100.jpg

この作業が何しろ大変でした。
不慣れな脚立の上での作業というのが「ふくらはぎ」に、
ひたすら上向きの作業が「首」に、
専用のパレットに乗せた塗り壁材の重みが「左腕」に、
微妙なコテ加減が「右肩」及び「右手のひら」に、
それはもうジワジワと効いてくるんです。
しかもこの時既に7月下旬。
当然まだエアコンは設置されておらず、
大きな扇風機のみの店内はぬるま湯状態で、白熱灯付近の作業は過酷の一言。
汗が吹き出ます。
a0104860_044995.jpg

結局女性3人で朝9時から始めて一日かかりましたが、
それでもなんとか天井は終了。疲労を忘れる達成感です。
a0104860_19563529.jpg

3人ともドロドロに疲れ果てました。もちろん翌日は全身筋肉痛。
ここでも改めてプロの職人さんの偉大さを知る事になり、
街やお店で目に飛び込んで来る塗り壁を見る目も変わりました。
(とりあえず、つい触るクセがつきましたね)

体は悲鳴を上げましたが、天井を先に経験したお陰で、
後日の壁塗り作業が何と楽に感じた事か。
壁はハイペースで進みました。
電気のプラグを保護しながら、カットスペースの鏡用枠を取り付けて壁は終了です。
a0104860_19565943.jpg

先は長いけれど、ひとまずお疲れさまでした!
[PR]
by yamada_biyou | 2007-08-23 13:10 | ◎内装作業